知ってほしいエイズのこと

検査キットの存在

男性医師

エイズは怖いというイメージがあり、検査に積極的でない方が多い状況です。この状況を少しでも改善できるよう現在では簡易検査キットが販売されており、気軽にエイズ感染の有無をを知ることが出来るようになっています。

More...

病院でも受けられる

人差し指を立てる

自治体が提供する無料のエイズ検査もありますが病院でも受けられます。ただ、特徴が違いますので検査を検討している人は把握しておいた方が良いでしょう。利点もあります。

More...

検査は必要

診察

医療の目まぐるしい発達で、不治の病と言われた病気で命を落とすことが少なくなっています。これを受け、エイズ感染者に向けられた治療もどんどん進化していくことでしょう。完治が難しいエイズも様々な研究の元、進められています。とは言え、今現在もエイズウイルスを絶滅させる薬の開発はなされていません。数多くの情報が飛び交っていますが今も尚、完治出来ずに苦しんでいる人が多いのです。しかし、医療の発達により、エイズが死ぬ病気ではないことが実証されています。適切な治療を受ければ発症まで40年遅らせることに成功しており上手に付き合っていけば健常者と変わりない生活が可能です。ただ、これも早期発見がカギになりますので過去や現在で思い当たる節があるならエイズ検査を積極的に受けるべきといえるでしょう。近年は自治体の強力もあり、無料でエイズ検査が出来るようになっていますが、環境が整っていても半数以上の人が検査未経験という結果になっています。

年々増加傾向にあるエイズ患者をこれ以上増加させない為には積極的に検査を受けるしかありません。病気が見つかっても肩を落とすことはなく、今の医療技術なら上手に付き合って行けるまでに成長しています。将来は、エイズウイルス自体を撲滅出来るかもしれません。希望を捨てるにはまだ早すぎるのです。実際に、エイズ検査を受けた人はそれぞれきっかけを持っています。男性だと、目立つ理由が大切なパートナーが出来たことでしょう。将来結婚をし、子供を授け家族になる為には必要な検査になりますし、大事な人を守る意味でもエイズ検査はしておくべきと言えます。また、少しでも感染の疑いがあるのなら、大丈夫と過信せず大事な人に感染させぬよう早急にエイズ検査を受けるようにしましょう。可能性は必ずしも0ではないのです。

医師たち

症状の基礎知識

ヒト免疫不全ウイルスがいわゆるHIVになりますが、後天性免疫不全症候群はエイズに該当されます。近年は効果的な治療法も見つかっており、エイズ検査も質の高いものになっています。まずは病気を理解しましょう。

女性医師

感染経路

人に感染するエイズウイルスも、まだ間違った知識を持っている人も珍しくありません。実際、エイズ検査を受けにきた人も、感染に関する知識を正しくもっていない可能性があるのです。

聴診器を持つ

予防が大事

増加傾向にあるエイズ感染者も、工夫をして日々生活をしています。薬のおかげもあってか体調不良を起こすことなく上手に付き合っていますが自分の体を知る意味でもエイズ検査は外せません。